ファッションウィーク

ブログのUPが遅いので、先々月の話になってしましますが、、

2012年1月31日、知財マネジメント論を教えているファッション大学院での毎年恒例の「ファッションウィーク」。講演会と修了生のファッションショーがセットされているので、時間が空いていれば楽しみに出かける。今回は、三宅一生氏、宇宙服の開発についてJAXAの山口孝夫氏、同じく宇宙服の開発もされているゴールドウィンの沼田喜四朗氏の講演があった。

三宅氏は理系のエンジニアと組まれて、幾何学的なパターンからなる服を開発されている(「A-POC」というプロジェクト)。平面に置いた状態から、つまみ上げると立体的な服になり、通常の服のように畳む必要がないという、特に私のような無精者には、うれしいデザインである。

「A-POC(エイ・ポック)」は、「A Piece Of Cloth(一枚の布)」と「Epoch(時代)」を合わせた造語。コンピュータ・テクノロジーを用い、一本の糸から一体成型で服をつくりだすこの製法は、衣服以外の分野へも広がる可能性をもっています。・・・(三宅デザイン事務所HPより)

「A-POC」は、もちろん商標登録されているのだが、三宅一生氏のデザインについて意匠登録はあまり見当たらない。有名なデザイナーのデザインが、それほど意匠登録されていない、ということが、この分野での意匠登録の利用率の低さを物語っている。このファッション大学院で教える材料として、デザイナーの意匠登録を検索してみての実感である。

意匠制度については、現在、意匠の国際登録制度であるヘーグ協定への加盟が検討されているが、ユーザーが、費用と手間がかかってもこれだけは登録しておこう、というのではなくて、幅広く登録できるような使い勝手のよい制度とする必要がある。(ということを、私も出席している弁理士会の意匠委員会でも悩ましく検討しているところである。)

宇宙服についてのお話も、普段聞ける話ではないのでたいへん興味深かったが、腕などの接合部分に技術的な困難性があるといった一方、宇宙飛行士は、テレビ映りを気にして、たいへんファッション性にうるさい、というのが、なるほどであった。そういえば、月面着陸時のダルマさんのようなイメージからは、かなりスリムになっているような印象がある。

ファッションショーは、私が教えた学生も含め、こんなに素敵なショーができるなんて、と、さすがファッションの専門校だけあって、主役の服のみならず、演出も含めたエンタテイメントとして感心する。以下のサイトに各デザイナーの作品が掲載されているが、山井梨沙さんの”invisible ornament”が、女の子の夢の実現、というかんじで、うっとりでした。

http://www.bfgu-bunka.ac.jp/fashion_week/repo_d104.html

今、NHKの朝ドラ「カーネーション」のおかげもあり、ファッションデザイナーが改めて注目されているように思う。特に小篠三姉妹は注目度が高いわけであるが、その下の世代の小篠ゆま氏のデザインを、デパートのミニファッションショーで見かけ、自分としても改めて注目した。

個人的には、仕事上も、プライベートでも、島田順子氏に注目している。将来こうなれればなあ、という、憧れの女性像であり、「49av.」は、今お気に入りのブランドである。

|

古代中国の意匠

今週月曜、その日限定の無料特別公開ご招待に当たったので、上野の国立博物館に仕事を早引けして出かけた。

特別展「誕生!中国文明」

ケータイストラップのお土産物になっていた「動物紋飾板」(前17-前16世紀)

(東京国立博物館ホームページより)

201007kanan01_3

本来は休館日で1000人限定、しかも閉館時間に近かったので

スキスキでゆったり鑑賞することができた。

昨今、美術館、博物館の話題の展示はたいへんな混雑で

(日本人の民度の高さを示すものか?)休日にはとても行く気がしない。

今回は行ってよかったと思ったのは、古代の斬新な意匠に驚いたからである。

所詮人間の考えることは何千年たっても変わらないのか、ということよりも、

高度に洗練されたデザインに驚いたのである。

均整のとれた食器類は現在、デパートに置いてあってもおかしくない。

金のアクセサリーの細工の精巧な技術に驚く。

動物や労働者を描いた造形は、リアルさもさることながら、

そのユーモラスな感覚に驚く。

他に娯楽がない分、人工の物がほとんどない分、

自然や動物や人間を、今よりもっと、内面に至るまで、写し取っている、という感覚、

とことん時間をかけて精巧な細工を作り上げていた、という感覚を受けた。

ところで、意匠法で登録要件として要求される新規性は絶対的な新規性であるが、

ひょっとしたら自分が新規に創作したデザインが何千年前に既に存在した、

ということを発見して驚く、っていうことも大いにありそうである。

 

|

デザインの役割

今日は祝日で恵みの休日。預けっぱなしのクリーニング店に取りに行き、ついでにクローゼットをちょっと整理。散らばっていた服をしまって、部屋の見た目を整える。(環境デザイン)

NHKの「爆笑問題のニッポンの教養」、普段は見ないのだが、有名なデザインディレクター、川崎和男教授の巻だったので見てみる。というか、職業柄、デザイン、という言葉が聞こえてくると、ビビっと反応してしまうのだが。川崎教授の以下の趣旨のお言葉に同感。

人間を幸福に生から死までもっていく、その間にデザインがどう介在していくか。

真善美の中では、美を重視したい。

人工心臓から、仏壇のデザインもされているそうだ。

話のレベルは全く違うのだが、仕事や生活の空間は、私なりに美しいものが目に入っている状態で生きたい、と考えている。たとえ小さなものでも。先日、ケータイの画面クリーナー兼用のアクセサリーを探していて、クリーナーとしての機能を十全に果たしながら、しかも見た目が心地よい、というものが、なかなか存在しないのだな、とわかり、妥協して変なものを付けている。

突然、ある機能を果たすものを(なくてもよいものが大半だが)どうしても手に入れないと気がすまなくなることがある。チーズおろしだったり(何年に1回しか使わないかも)、楽譜を挟むクリップだったり(洗濯バサミでも代用できるが、見た目が・・)、読書用の椅子だったり(家でゆっくり読書など、なかなかできないというのに)。多くの場合、ほんとうに気に入ったデザインで、しかも機能にも満足、というものは世の中にそうそう存在しないものだ。

クリエイティブな仕事についていれば、自分で設計、デザインできたものを。しかし、究極的に美しいデザインには数学も必要らしく、トポロジー(位相幾何学、というらしい)という言葉を聞き、なにやら無理そう、と思う次第。

|

バスロマン

最近、このかわいい牛の容器の「バスロマン薬用ミルク仕立て」を使っているが、この牛とご対面してお風呂に入っていながら、容器のおもしろさにインパクトがあると、意外に前面に書いてある商標が目に入っていなかったんだ、ということがわかった。

Photo

というのは、入浴剤入れないとお肌がかさかさになっちゃうよ、としょうもない話を所員としている時に、「何を入れているんですか」と聞かれて、「牛のやつ(あれ?!商標はなんだっけ??)」なんて答えに。

この容器は商品表示性を獲得しているように思います。

|

ピアノ到着

亡き母の誕生日に無事ピアノが納品された。ピアノを練習しなさい!!と、とっても厳しかったので、この日を指定。母も喜んでくれていることでしょう。

母に厳しく言われて、当時はそこまで言わなくても、と思いながらやっていて、結果的に感謝しているのは、趣味として楽しめるようになったピアノと、英文タイプのブラインドタッチ。これはパソコン全盛になる前から、ワープロを打つのが速いので感心されていた。

趣味のフルートを含め、指先を動かすのは脳の老化防止によい、というようなことを聞いたことがあるが、そうとすれば助かる。しかし、この頃、疲れている時に仕事のパソコンを打っていると、頭で考えていることを打つのに指の方が追いつかないことがあり、ち、ちょっとヤバイかも。

これからピアノの練習を再開し、自分的最高レベル、「幻想即興曲」に再帰できるように励みましょう。

ところで、このYAMAHAのピアノ。たまたまわが家の淡い木目のフローリングにぴったりの色目の木目調。やはり黒のピアノ、というのは軽い(?)部屋には重いもので。意匠上、ちょっと感心したのは、蓋の先の部分が、開けた時に内側に折れ曲がるようになっており、よって譜面台に譜面を載せた時に突き出さないので譜面が乗っけやすい。意匠権は、おそらく登録第1169030号(下記は右側面図)で、蓋の形状も点線で描かれているが、キャスターのない足の形状を特徴とみて部分意匠で登録されている。

081207_1514 1169030

|

オレンジ族

オレンジ色が好きなので、オフィスにも挿し色として、会議室のチェアと事務室のパーティションをオレンジしています。また、手帳、名刺入れ、ボールペンなどもオレンジで揃えています。オレンジは明るく、目に心地よい色なので。

今週は月曜に英国弁護士、水曜に韓国弁理士の来訪がありましたが、英国人に「きれいなオフィス」と言われたのはうれしく、また、韓国人には、私がオレンジ好きと知って「韓国には、「オレンジ族」という言葉がありますね」と。

韓国で「オレンジ族」というのは、親が裕福で金回りのよい息子や娘を指して言うとのことで、悪いニュアンスもありますが、それほど悪意にもとられていない、とのこと。おそらく裕福な親が子供を米国に留学させることが多いことから、米国から輸入されるオレンジに擬えての言葉ではないか、ということです。

自分が「オレンジ族」であればよかったですが、シコシコ稼ぐしかない身の上としては、せめて環境をオレンジで固めましょう、というところ。

ところで、色彩のみからなる商標を、日本の商標法の新しい保護対象に入れるかどうか、ですが、過去にオレンジ色の商標といえば、業界トップ数社による異業種間の合同プロジェクトで生まれた統一ブランド「WiLL(ウイル)」のロゴが思い浮かびます(1999年から2004年)。オレンジの色彩により需要者の目を引くという意味で商標に顕著性はあったと思いますが(「LL」を大文字としたところも一工夫)、現在では、コクヨの商品が残っている、という状態です。大企業同士のプロジェクトが成功しなかった理由はいろいろあると思いますが、各大手ブランドの商品が「WiLL」の商品だということによって、何か付加価値がついているのか?、というのがその当時感じたことでした。

オレンジ色の登録商標としては、英国のOrange Personal Communications Servicesの以下の登録がありますが(もちろん現状では色彩のみでは登録不可なので、 「orange」の文字入り)、「WiLL」のオレンジ色のロゴの商標登録はちょっと検索したところでは見つからず、参加各社が文字のみで登録しています。

5027251 登録第5027251号

|

デザイン家電

友人も店頭で見て気に入り、これどうよ、とメールで写真を送ってきたクリーナー(Electrolux サイクロン式クリーナー エルゴラピード)。実は、私はこのクリーナーを既に3本購入。(オフィス用、自宅用、隠れ家(?)用)

Img43747215

気に入ったのは東急ハンズの店頭。買ったのはネットで近頃お気に入りのデザイングッズのショップ。このオンラインショップでは他にゴミ箱などのオフィス雑貨も購入。私にとってゴミ箱も、デザインをはずせないアイテムとなっております。

実はこのクリーナー、外観を一目で気に入り、立ってる姿には惚れ惚れするものの、

1)ハイパワーで掃除すると15分くらいでパワーダウンする(しかし、充電式なのでコードがじゃまにならない)、

2)ゴミがけっこうすぐ一杯になる(しかし、ゴミ捨ては簡単)、

3)取り外し式のハンディクリーナーの部分が太っているのでソファの下などの隙間が狭いと奥まで入らない(しかし、ハンディ部分の取り外しは簡単で、細かいところにすぐ使える)と、一長一短あり。

しかし長所に加えて、なにより見た目の心地よさにより、買いです。家電は今や機能よりも、目に邪魔にならない、を更に超えて、目に心地よい、が求められる時代に、やっと、なりました。しかし、この時代到来前に、長らく氷河期とも言える、「白物(あるいはグレー)」家電時代が続いておりまして、遅きに失した感があります。

|

めんどくさくない容器

先日のフルートの合宿の合間、軽井沢銀座を仲間とブラブラしているときに、仲間の一人が、「あ、はちひげおじさんだ!」と叫ぶので、「え?知ってる人??」と思ったら、蜂蜜作りで有名な方のようで(私は寡聞にして存じ上げませんでしたが)、その方が試食して行きなさいと手招きするので、結局その仲間も私もアカシアの蜂蜜を買うことに。

私が買った理由は、その蜂蜜の容器にありました。ハネーバッカーという、その容器は、スライド式で片手で開閉でき、必要な分だけハチミツを注ぐことができる、というものです。ハチミツは好きなのですが、蜂蜜専門店の大瓶というのは、蓋を開けて、スプーン(あるいはハチミツ棒?)ですくって、しかも回りにタレないように、と、なんだかめんどうなのですが、これはいい、と思ったのです。

思ったとおり、スプーン不要って、めんどくさくない!、ハチミツの切れもよく、優れもの!!

これはトシとったからではなく、昔からめんどくさがり屋なのですが、開閉がめんどくさくない、ソースなどがタレない、という容器を常に求めておりまして、「絶対液ダレしない醤油差し」ってのも買ったことありますが、やっぱりタレましたね。。。

大好きな生牡蠣のシーズンになり、今宵も牡蠣を買いましたが、牡蠣にスダチかレモンを、と思っても、やっぱり切って搾ってはめんどうだな~、とレモン汁の小瓶を買ってしまうのでした。

最近気に入ってるのは、ワンプッシュで適量が泡立って出てくる洗願ソープ。以前見た実験結果で、泡で洗う方が汚れは落ちる、ってことで。この容器、シャンプーでも出てきてくれないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

おしゃれなHINTMINTヒントミント

もらいもののミント「HINT\MINT」。この韻を踏むネーミングはしゃれてるな、とパッケージをしげしげと見てみると、マルRが、「HINT\MINT」のほか、「A GESTURE OF KINDNESS」、「YOU NEED\THIS MINT」のキャッチ、それとミントの葉の図柄の4ヶ所に付いており、念が入っている。

また、スライド式の薄い缶のデザインもおしゃれで、開け方がすぐわかるように「SLIDE TO OPEN」と側面にも裏にも書いてあり、これも念がいっている。(にもかかわらず、例によって私は、この文字を見る前に、蓋が上に開くとの思い込みのもとに、こじ開けようとしたわけですが。)

また、ミントの味もよし。

ちょっと検索してみると、このミント、アメリカでブレーク中のセレブ御用達のミントとのこと。ふ~ん、知らなかった。ホームページもなかなかおしゃれ。

http://www.hintmint.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

で、泳いでみました。

今どきのタンクトップ+短パンタイプの水着で。お腹が冷えないのはよいものの、一体型の水着に比べ、かえってお腹がひっこまないかんじ。タンクトップの下の部分と短パンの上の部分がお腹のところで重なるので、よけいに。しかし、そんなことを気にしなければ、伸縮性もよく、快適。

本日は海辺近くのプールで。実に久しぶりに泳ぐので(というか、「泳ぐ」というもおこがましいレベルですが)、背面で浮く、というのができなくなっていて、それをしばらく練習。背泳ぎがちょこっとできるまで「回復」。そうしてプールに仰向けで浮いていたら、空をゆうゆう飛んでいるトンビが見えて、なかなかこういう光景はないな~、といい気分。

やっと取れた2日間の夏休みでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)