おなかウォーカー

昨年の冬に試してみて、夏は暑苦しいのでやめて、また今冬に試そうかと色と枚数を揃えてみた。従来のガードルは苦しい、、感があるが、これは意外に圧迫感がなく、歩く時に足がスッスッと前に出て、歩くことをサポートしてくれるように感じる。なかなか科学的にできている、ワコールのおなかウォーカー。ネーミングもグッド。おなかが歩くわけではないが、おなかで歩くようには感じる。

これでお腹が引っ込めば儲けものだが、一番の問題は仕事をしてると毎日それほどの距離を歩けないこと。せめてランチはできるだけ遠くへ歩いて行き、時間に余裕がある時は近くの公園まで行って紅葉を楽しんだり。

しかし、仕事がら夕食が深夜になってしまうこと+運動不足で、この頃、体重は生涯最高を更新中で、おなかもヤバイ状況。もちろん仕事ばっかりではなくて、今週ならボージョレヌーボー飲む会とかもありますが。

思い出すに、亡き母も痩せ型だったのに、おなかは出てたなー。同じく運動が嫌いだったので。もし生きてたら、あなたもトシねー、私より出てるじゃない、なんて話ができたのにね。

|

ネイルバー

時間がちょっとある時の贅沢がネイルサロン。デパートの中に入っているネイルバーというお店にこのところ行っている。友人に「昨日、ネイルバーに行ってね・・・」と話したら、「それって、ネイルしながら飲めるとこなの??」と言われ、「いいね~、そういうの」と思ったけど、残念ながらネイルのみ、お酒は飲めません。

しかし、このネーミング、そういう意味では(飲兵衛の)私には非常に覚えやすい。「ネイルサロン」というのが一般名称であるところ、「ネイルバー」のネーミングは「ネイル」と意外性のある「バー」の組み合わせで、識別力高し。他のネイルサロンの名称は、「ネイルなんとか」ではあろうと思うものの、正確には覚えない(覚えられない)ところ、このネーミングはすぐに覚えた。商標は「Nail Bar」のロゴで古くは1992年からの登録。

ところで、ネイルサロンに行く、というのは、時間もさることながら、心の余裕もないと行けない。ちゃんと服を着て仕事に行くのが精一杯で、爪までは神経が回らない、という女性も多いと思う。私が敬意を表する有能な女性弁護士は、服はあれこれ色合わせは面倒だから全て黒。黒しか着ない。(でも、黒でも高級ブランドで、黒の組み合わせはいろいろ)で、先日ちろっと爪を観察したところ、やはりネイルはしていない。

バリキャリでも爪の手入れまでしっかり、という人も多く、私もそういう余裕を失ってはおしまいだ、と思う今日この頃でございます。

| | Comments (0)