カナダ大使館の催し

カナダ大使館での毛皮のショーに招待され、しかもランチ付きということで、「大使館」と「ランチ」に引かれて行ってみました。青山の一等地にあるカナダ大使館で、ビーバーなど、カナダの毛皮を使ったコートのファッションショー。モデルさんはスタイルよし顔よしの人ばかりなので、どの毛皮を着ても素敵なのですが、着る人によるんじゃないかな~というのが感想。

ランチでは、元気なマダム3人組と同じテーブルで、私の娘と同じくらいの年齢ね~、まだ若いわ~、なんて言われて、そうかなーまだ若いかなー、と。皆さんとてもおしゃれで、色彩豊かで、アクセサリは高そう。生活に追われている風は全くなく、ゆったりとしてらっしゃる。私もそのくらいの年齢になったら、こういう風に優雅でありたい、と思いました。

しかし、私はそのあと、優雅ではいられず、事務所に駆けつけて、仕事、仕事。。。生活に追われております。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

捨てられないもの

家にいる週末であって、何の締め切りもない時は、家の中を順番に整理して、山と溜まっている不用品を捨てます。昨年中のあまりの多忙で、家中かなりの程度になっていたのですが、ちょっと前から、書き物机の上、クローゼット、ドレッサーの周辺、と順番に整理しました。

で、ドレッサー周辺を整理した時には、死蔵していた香水やアクセサリーを改めていろいろと目にすることになったのですが。きれいな香水瓶は並べることにして、アクセサリーの中では、特に、大量のバレッタとカチューシャ(これはロングヘアの時で、しかもヘアアクセサリがはやっていた時)、色石(天然、人工、いろいろ)を使ったジャラジャラとしたネックレス、については、前者は将来的にもまず使用しないな、としても捨てるにはな~、と箱に戻し、後者は、今見ても全く流行から外れている、というのでもなく、使用の余地はあるな、しかし、今は肩こりがひどく、このような重そうなアクセサリはしたくない、でもやっぱり捨てるには・・・、でまた箱へ。

ということで、モノはなかなか減らないわけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)