« 知財仲間と高知、松山ツアー | Main | ソウルの国際会議(AIPPI) »

夏休みの読書

直接仕事と関係なく、また何かの原稿とも関係がない本を昼間の時間に読めるというのが、ちょっと長い休みの幸せ。今回は昨年から気になっていたが長いので読みそびれていた、2011年の直木賞受賞作「下町ロケット」を読む。

スローリーはご存じのように、中小企業が特許で大企業に対抗し、自社製バルブを日本製ロケットの部品に採用させて、ロケット打ち上げ成功にする、というものだが、弁理士としては特許に関係する部分を非常に興味深く読んだ。

ストーリーとは直線関係ないものの、一つ気になったのが特許弁理士は登場しないということである。たぶん、大企業の特許出願が、先行する主人公の中小企業の特許出願があったために認められなかったと報告にきた「三島先生」というのが弁理士と思われるが、極めて影が薄い。大企業との交渉前に主人公が巻き込まれた特許訴訟においても知財専門の弁護士のみが登場する。特許訴訟では、特許出願を担当した弁理士が代理人(知財訴訟の代理人資格を取っている場合)か補佐人として関与することが通常である。ストーリーとしてはよくできているが、肝心の特許の中身(先行権利とどの部分が抵触していたのか、などの詳細)は明らかでないので、この部分が書ける(あるいはアイデアを提供できる)のが特許専門の弁理士だと思う。

最後にロケットが飛ぶ部分、やはり感動した。

オレたちはやったんだ

こういう感動を味わえるのはモノづくりを直接やっている人たちなんだなあ、とサービス業の私はうらやましい。

次に、読書家の妹推奨の一冊、「八朔の雪ーみをくつし料理帖」。江戸物で女性の料理人がステップアップしていく物語。江戸物の料理物はちょっとしたブームで他にも出ている中、妹いわく、このシリーズがベストとのこと。

登場する料理のレシピが巻末に付いている。料理のレシピというのは保護はむずかしいが無体財産であり知的財産といえる。(文章になった料理のレシピには著作権があるが、アイデアは保護されない。俳句や川柳のように短くても創作性のある料理名は著作物と認められる可能性があるかも)

という無粋なことはともかく、「下町ロケット」と違う感動で涙が出たのが以下の部分。

おとりさまからの帰り、こうやって、あたりにある福を掻き寄せて、この熊手にくっつけて来たんだぜ。だから来年はお澪坊とご寮さんに、きっと良いことがどっさりさね

不幸の連続で、元奉公先の奥様と暮らす主人公の澪に、澪の性格や腕を見込んで雇っている蕎麦やの主人が寄せる無償の善意。トシ取ると、こういうのに涙腺がゆるみっぱなしなんである。

|

« 知財仲間と高知、松山ツアー | Main | ソウルの国際会議(AIPPI) »

知的財産一般」カテゴリの記事