« December 2011 | Main | March 2012 »

運命をひらく

○○回目の誕生日。当日は大学の夜講義が入っていたので、前日に音楽の趣味仲間、業界仲間で小規模に新年会を兼ねた誕生会を開催。いくつになってもプレゼントはうれしいが、会社から駆けつけで遅れると連絡があったKさんが、その途中で買ったプリムラ・ジュリアンのかわいい鉢植え。

20120119

花言葉は「運命をひらく」。

了解です、今年は「運命を(更に?)ひらく」をテーマに生きたいと思います。

近年は誕生日がくるたびに、信じられないトシになったな、と思うけど、これからの人生で一番若いのは今、と毎年気を取り直していたところ、いいセリフを知った。

「十年たったら、今の自分がどんなに若いか分かるよ」

2012年1月13日、日経夕刊、プロムナード(鎌田敏夫氏)で紹介の同氏が30年ほど前に書かれたドラマのセリフ。

今年のお正月も、叔母の家の新年会で、二回り上の叔母、一回りの上の従姉が、まだまだ元気、まだまだキレイなのを見て安心する。「ほ~んと忙しくて、忙しくて」という仕切りやで人気者の叔母を見ていると、私も少なくとも24年後まで、「忙しくて、忙しくて」と言っているのかどうか??わからないけど、叔母や従姉からいつも元気をもらえるのは確か。

|

« December 2011 | Main | March 2012 »